結婚祝いの電報のまとめに最後には使わない

お偉いさんのありがたい話などで後半になってくるといよいよまとめに入る場面があります。ようやく終わるかと感じる時です。それがわかるのが最後にとの言葉です。長々と話してきて、最後にこれからまとめますと伝えてくれます。よくあるパターンですがあまりこれを使わない方が良いとされているのが結婚式です。スピーチなどを頼まれた時に使ってしまいそうな言葉かもしれません。電報の場合はあまり長い言葉はないのに締め言葉に最後には使わないかもしれません。でも気を付けた方がいいでしょう。あまり使ってはいけない言葉として知られています。スピーチなどはその場の問題なのでよいですが、電報は後々まで残ります。その時は気が付かなくても後で見たときに使われていることがわかると気分はよくありません。どのような言葉がいけないかを知っておくことも大事です。

電報を伝えるのはいつがよいか

結婚式場で式を挙げる時は今はウェディングプランナーなどがいろいろなアドバイスをしてくれます。一から十まですべてを知ってくれているので、希望を伝えたうえでプランナーの意見を聞きながらスケジュールを立てていきます。当日にどのようなことをするかもプランナーから聞いておくとよいでしょう。順番などもプランナーだからこそ知っていることがあります。式の中であるのが電報を伝える場面です。司会が今日は多くのお知らせが届いていますとどんどん読み上げてくれます。いつでもよさそうな気がしますが、タイミングを間違えると誰も聞いていない、聞きたくても周りの話声で聞けないようなことがあります。乾杯の前にするのか、乾杯の後ならどれくらいのタイミングで行うのかなどをプランナーと話し合っておきましょう。できればきちんと聞いてもらえるタイミングにします。

とりせつ風のお祝い電報を送る

書籍欄を見ると何々のとりせつとした題名のものを見かけることがあります。その名のとおりですが、普通に略さないで書かれるよりとりせつと書かれている方が柔らかく感じます。中身もそれほど堅苦しくありません。とりせつは本当に何かの使い方を示すときにも使われますが、ほんらいとりせつでは扱わないような場面でこの形式を使うことがあります。ユニークに感じることがあります。お祝い電報を送るときとりせつ風にすることがあるかもしれません。文章としては少し長くなりますが、聞いていて楽しむことができそうです。新郎新婦に対して下の立場から送ることもできますし上の立場から送ることもできるでしょう。同じような文面が多くなりがちなので、ちょっとした変化を持たせることで楽しくなります。誰もしないような方法で文章を作ることも考えてみましょう。